次世代X線CT再構成ソフトウェア、TomoShop®の紹介。CT再構成、可視化、計測機能を一体化し、メタルアーチファクト、リングアーチファクト、カッピング効果等のアーチファクト低減・削除処理、幾何公差補正に優れた高機能CTソフトウェアです。X-ray CT software with high valued functions.

HT Edition シリーズ

HT エディション・シリーズ

直線起動系は特に工業分野の自動検査システム等で使用されるCTシステムです。ここで使われる直線起動系は、従来の技術を用いているので3D再構成画像を生成できなく検査にも限界が出るという欠点がありました。

TomoShop® HT エディション・シリーズは直線起動系で断層3D再構成画像が得られるように開発されたCT再構成ソフトです。この技術は、Omni逆投影技術の高汎用性を利用して直線系のCTでも断層画像が得られるようになっております。

例えば、簡単な直線軌道の実装方法の例として、次のような直線軌道コーンビームスキャン方式と直線軌道平行ファンビームスキャン方式があります。

linearct0

linearct1

高速演算データ処理を実現

TomoShop® HT エディション・シリーズのデータ演算処理はGPUのCUDA技術を使用していますので高画質な3D画像をリアルタイムで生成します。

幾何誤差・フォーカシング補正機能

CTシステムのハードが起因して起こる幾何誤差を自動的に抽出するフォーカシング技術を搭載しておりより確実性のある形状を3D再構成化します。
また、他のエディションと同様に様々なアーチファクトを強力に軽減する機能も搭載されております。

利便性と確実性を追求した計測・解析機能

計測・解析機能もサブピクセル計測アルゴリズムにより高精度な計測・解析が可能です。

また、サンプルを部分的に逆投影する機能や様々なサイズのボクセルに対応してスムーズて的確に逆投影する機能を搭載しております。

☞ 直線軌道並進CT原理の詳細へ

詳細スペック

※注
○=搭載している
×=搭載していない
△=オプション(別価格)
機能HT1HT2
Win8のマルチタッチ操作
リングアーチファクト低減
エッジ保存デノイジング
ムービー出力(H.264/WMV)
等値面(STLファイル)出力
高精細(2K,4K)等値面××
ボリューム編集
ボリュームの可視化
無料Volume Player
立体視レンダリング(3D視覚)
最大値投影法
ボリュームレンダリング法
局部エッジレンダリング法
多断面変換法(MPR)
等値面(STL)変換レンダリング゙法
パノラマ表示(開、閉曲線)
伝達関数の制御
切り出し(ボックスと円柱)
計測・解析
2D・3D内径計測
3Dフィッティング
3D粒子解析
ドローイング
距離計測
角度計測
CADデータシミュレーション
欠陥検出(オプション)
直進軌道並進CT再構成
メタル(BH)補正×
検出器欠陥画素補正
並進コーンビームスキャン
並進平行ファンビームスキャン
CTフィルタ ― FDK、TFDK、CFDK×
CT逆投影 - Omni、ズーム、部分×
Lamino、Lamino.(Log)逆投影
Synth、Synth(Log)逆投影
フォーカシング機能
検出器パラメータ
スキャン軌道パラメータ
価格
メーカー希望小売価格(税抜)300万円400万円
OEM価格(税抜)お問合せくださいお問合せください

お気軽にお問い合わせください。

PAGETOP
Copyright © 株式会社アイケダ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.