リングアーチファクトには従来の手法では低減する事ができないケースがありCTをお使いのユーザーを悩ませてきました。

例えば、リングアーチファクトがスキャン起動の同心円上にない場合、検出器の受信部に問題があり、ピクセルが死んでいる場合等がそれにあたります。

そこで今回、従来の手法では低減できない厄介なリングアーチファクトを強力に、効果的に低減する機能が追加されました。

☞ 検出器素子感度の不均一性、及び欠陥画素から発生するアーチファクト対策