次世代X線CT再構成ソフトウェア、TomoShop®の紹介。CT再構成、可視化、計測機能を一体化し、メタルアーチファクト、リングアーチファクト、カッピング効果等のアーチファクト低減・削除処理、幾何公差補正に優れた高機能CTソフトウェアです。X-ray CT software with high valued functions.

ホーム

※もし弊社のこのホームページをお気に入りになられて再度訪れようとしても見つけられないという事がないようにブックマークにご追加していただければ幸いでございます。何卒よろしくお願いいたします。

※CT再構成の結果でお困りの方、CTの開発等をご検討の方、是非ご連絡ください。

Ⅹ線CT画像再構成の問題

近年X線CTシステムは目覚ましい発展を遂げており、非破壊検査を主に様々な分野で活躍しております。CT(Computed tomography)の利点は見えない部位の詳細をCG(コンピューターグラフィックス)技術等を用いてビジュアル的に観察が可能である点です。X線CTが開発される以前は、X線レントゲン写真の観察で行われていました。そして、CTが登場してから初期の時代は二次元のスライス画像が主に使われていましたが、三次元CG技術の発展に伴い詳細で立体的な形状表現が可能となりました。今日では実物を壊さなくても見えない部位の観察がビジュアル的に可能である便利な非破壊検査の方法として代表的な役割を果たすまでに至っております。

しかし、X線を用いている点からその特性に起因する問題が多々あります。代表的な例を挙げるとアーチファクトと呼ばれる問題があります。下の画像はアーチファクトの代表的な例です。

上の画像は左から、リングアーチファクト、縦アーチファクト、メタルアーチファクト(金属アーチファクト)、カッピングアーチファクト(ビームハードニング現象、カッピング効果)となります。これらのアーチファクトは実際に存在していない形状が写り込んだノイズであります。

また、アーチファクト以外の視覚的な問題としてCT装置の構造的な状態や動きから生じる問題もあります。下の画像はその代表的な例です。

上の画像左から、ステージ回転誤差とX線現の焦点移動に起因する問題画像、回転軸とカメラ(フラットパネルディテクター)の中心及び配向のズレに起因する問題画像で、これらは被写体形状の再現性不慮の例となります。

これらの問題は、多くのCTユーザー様の悩みの種となっております。

『CT画像再構成で起こりうる問題と対策』ページではこれらの問題を事例別に取り上げながら解決策をご説明します。

弊社のCT再構成ソフトウェア:TomoShop®シリーズは、これらのCTに関する問題の解決策を提供する事により皆さまのご研究・開発事業に貢献いたします。

☞ 続きは、『CT画像再構成で起こりうる問題と対策』で詳しく説明いたします。

TomoShop®シリーズの動画

CT画像における複合アーチファクト(カッピング効果、リング、その他)の低減・補正

CT画像における複合アーチファクト(メタル、リング)の低減・補正

☞ 動画

イベント・行事

-2016/03/15:CTスキャンデータ活用セミナー((株)システムクリエイト主催)で[[TomoShop Viewer>3Dプリンタ向けSTL変換ソフト]]の講演を行います。
☞ http://www.systemcreate-inc.co.jp/service/seminar/ct_seminar.html
-2016/02/04~05: 第10回放射線による非破壊評価シンポジウムで講演を行います。
http://www.jsndi.jp/sciences/section/index1-3.html
-2015/02/16: メディカルメッセ名古屋に出展しました。
http://www.nagoya-cci.or.jp/event/eventdisp.phpevent_id=1412170001
-2014/06/03-04: 日本非破壊検査協会 平成26年度 春季講演大会にて「直線軌道の並進X線CT装置の提案および応用」、「タルボ型干渉計を用いた実用的なX線位相イメージング法の提案」の研究発表が行われます。
http://www.jsndi.jp/sciences/index2_1.html
-2014/02/25-28: We will exibit TomoShop® at ”ICT Conference 2014 (Austria)”, Please come to see us!
http://www.3dct.at/cms2/index.php/en/welcome
-2014/02/06: 第9回放射線による非破壊評価シンポジウム【東京】講演参加予定
☞ https://www.jsndi.or.jp/gaku/sas/sas00.do?gaku=14
-2014/01/15~ 第43回インターネプコンジャパン
☞ http://www.nepcon.jp/
-2014/01/15~ 第31回エレクトロテストジャパン
☞ http://www.electrotest.jp/-2013/10/30: 明日を拓くモノづくり新技術2013参加予定。
-2013/06/03: 日本非破壊検査協会 平成25年度 春季講演大会にてTomoShopの説明を行いました。☞ http://www.jsndi.jp/
-2013/02/22: 平成24 年度放射線部門ミニシンポジウムにてTomoSopの説明を行いました。
-一般社団法人 日本非破壊検査協会 ☞ http://www.jsndi.jp/
-いろんな意見交換や質問等がいろいろな人とできるように、掲示板を設置しました。
-2012/12/14: 現物融合型エンジニアリング専門委員会(東京大学)でTomoShopの詳細を発表。☞ http://www.den.rcast.u-tokyo.ac.jp/conv/wiki/wiki.cgi
-2012/11/9-11 The Japan dental Show 2012 ☞ http://japan.dental-show.jp/outline/
-2012/11/1: 領域解析の詳細を追加しました。☞ コチラから
-2012/10/15: CTに関するご相談を承ります。
-2012/9/17: ホームページができました。

Information

検出範囲が指定された3Dデータを用いた欠陥検出機能

3Dデータが指定した範囲を用いて、製品の指定されている部分領域のみの欠陥検出を実現。

リングアーチファクト低減機能の強化

従来の手法では低減できないリングアーチファクトを強力に、効果的に低減する機能が追加されました。

マルチGPUによる超高速再構成

マルチGPU(複数のGPU)を用いた超高速再構成。

マルチカメラスキャン機能が新登場。

マルチカメラスキャン機能(Multi-detector row CT scan)が新たに追加されました。

ヘリカル型向けCT再構成ソフト:TomoShop® Helix Edition シリーズ新登場

TomoShop® Helix Edition シリーズ、ヘリカルCT向け高性能CT再構成ソフトが新登場。

PAGETOP
Copyright © 株式会社アイケダ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.